よっしーです。

google xml sitemapsは、検索エンジン向けのサイトマップを作成してくれるワードプレスのプラグインです。

google xml sitemapsの主な使い方としては、Googleのウェブマスターツールにサイトマップを登録する際に使います。

その他にも細かい設定が出来るので、詳しく解説していきます。

google xml sitemapsの使い方

始めにgoogle xml sitemapsを使って、ウェブマスターツールにサイトマップを登録する方法について解説します。

まずワードプレスの管理画面にログインして、プラグインの新規追加からgoogle xml sitemapsを検索します。

google xml sitemapsが表示されたら、インストールして有効化します。

次に設定からXML-sitemapをクリックして、google xml sitemapsの設定画面を開いてみましょう。

すると「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」という記述があるので、そこに表示されているURLをウェブマスターツールにサイトマップを送信する際に利用します。

今度はウェブマスターツールにログインして、サイトマップを追加したいサイトのURLをクリックして、サイトマップの画面に進みます。

すると「サイトマップの追加/テスト」という赤いボタンがあるので、そちらをクリックしてサイトマップのURLを入力しましょう。

空欄に入力するサイトマップのURLは、「sitemap.xml」です。

URLを入力したら、送信をクリックしましょう。

すると「ページを更新する。」という表示があるのでそちらをクリックするか、キーボードのF5をクリックしてページを最新の状態に更新しましょう。

そして更新した後に以下のように表示されていれば、問題なくウェブマスターツールにサイトマップが登録されています。

google xml sitemapsの使い方に関しては、以上の作業でとりあえずは完了です。

google xml sitemapsの設定方法

次にgoogle xml sitemapsの細かい設定方法について解説します。

まずワードプレスの管理画面にログインし、設定からXML-sitemapをクリックしてgoogle xml sitemapsの設定画面を開きましょう。

すると以下の設定をすることが出来ます。

基本的な設定

・Google にブログの更新を通知

Googleにブログの更新を通知することで、インデックスのスピードが多少なりとも早くなることを期待出来ます。

なので、必ずチェックを入れておくようにしましょう。

・Bing (旧名 MSN Live サーチ) にブログの更新を通知

BingもGoogleにブログの更新を通知するのと同様に、インデックスのスピードを早めることが期待出来ます。

なので、必ずチェックを入れておくようにしましょう。

・サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加

サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加しておくと、サイトマップの場所を検索エンジンに正確に伝えることが出来ます。

なので、必ずチェックを入れておくようにしましょう。

・Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it.

こちらの項目にチェックを入れておくと、サイトマップを圧縮することが出来ます。

サイトマップが圧縮されていると、プラウザの表示が早くなります。

なので、必ずチェックを入れておくようにしましょう。

・XSLT スタイルシートを含める

XSLTスタイルシートを含めることで、XML文書をHTMLやテキストなどの人が読みやすい文書に変換することが出来ます。

なので、必ずチェックを入れておくようにしましょう。

・HTML形式でのサイトマップを含める

HTML形式でのサイトマップを含めると、サイトマップがHTML形式で見やすくなります。

なので、必ずチェックを入れておくようにしましょう。

・匿名の統計を許可する

匿名の統計を許可すると、プラグインの開発者に匿名の情報が自動的に送られます。

こちらの項目は、無駄な動作を少しでも省きたいならチェックを外しておくようにしましょう。

追加ページの設定

追加ページの設定は、サイトマップに記事のURLを手動で追加したい場合に利用します。

設定するには「新しいページの追加」をクリックして、URLなどの必要事項を入力するだけで設定出来ます。

投稿の優先順位

投稿の優先順位の設定では、ブログ内の重要な投稿などの優先順位を検索エンジンに伝えることが出来ます。

こちらの項目は基本的には、「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れておくようにしてください。

Sitemap コンテンツ

Sitemapコンテンツは、以下の項目には必ずチェックを入れておくようにしましょう。

それ以外の項目に関しては、必要に応じてチェックを入れるようにしてください。

しかし無駄にチェックを入れる項目が増えると、検索エンジンがサイトマップから不要なページまで見に行くようになります。

なので、本当に必要なものだけにチェックを入れるようにしましょう。

そうすることでSEO対策にも繋がります。

含めない項目

含めない項目の設定では、含めないカテゴリーや投稿 (個別記事) を設定することが出来ます。

含めない項目は、基本的にはデフォルトのままで構いません。

デフォルトでは、含めないカテゴリーに未分類が設定されています。

その他のものに関しては、必要に応じて設定するようにしてください。

更新頻度の設定(changefreq)

更新頻度の設定では、クロールの頻度を指定することが出来ます。

ですがあくまでも参考程度なので、必ずその通りにクロールがおこなわれる訳ではありません。

更新頻度の設定に関しては、以下のように設定するのがお勧めです。

優先順位の設定 (priority)

こちらの項目では、ブログ内のURLの優先順位を指定することが出来ます。

優先順位の設定に関しては、以下のように設定するのがお勧めです。

以上でgoogle xml sitemapsの設定は全て完了です。