よっしーです。

ワードプレスのプラグインの定番として、「All in one SEO Pack」を必ず導入しているという方も多いかと思います。

ですが、賢威7ではテンプレート自体にSEO対策機能が備わっています。

それでも賢威7に「All in one SEO Pack」は必要なのか、また使用する場合の注意点などについて解説していきます。

賢威7に「All in one SEO Pack」は必要なのか?

賢威7では、テンプレート自体にSEO機能が備わっています。

なのでプラグインの「All in one SEO Pack」を使う場合は、メタキーワードやメタディスクリプションなどがテンプレートのものと重複してしまいます。

このことはSEO的にも好ましくなく、ブログの評価を下げてしまう可能性があります。

それに賢威7で「All in one SEO Pack」を導入したとしても、SEO的にも対して効果はありません。

それに設定をしっかりしないと、逆にSEO的に不利になる可能性もあります。

なので、SEO対策は賢威7のテンプレートに備わっている機能に任せてしまって構いません。

というわけで、プラグインの「All in one SEO Pack」は賢威7のテンプレートでは必要ありません。

実際に私が賢威7で運営しているブログでは、「All in one SEO Pack」を使っていなくても検索結果で上位表示出来ています。

最近では賢威7の他にもSEO対策機能が備わっているテンプレートがあるので、「All in one SEO Pack」を導入する前に本当に必要かどうか確認するようにした方がよさそうですね。

賢威で「All in one SEO Pack」を使う場合の注意点

どうしても賢威7のテンプレートで「All in one SEO Pack」を使いたいという場合は、注意しないといけない点があります。

それは、賢威7のメタキーワードやメタディスクリプションを表示しないにしておくということです。

そうしないと「All in one SEO Pack」のメタキーワードやメタディスクリプションと重複してしまうので、SEO的にもマイナスになってしまいます。

なので、必ず賢威7のメタキーワードとメタディスクリプションは表示しないにしておきましょう。

設定するには、賢威7の設定画面を開きます。

するとメタキーワードの表示と、メタディスクリプションの表示という項目があります。

表示しないというチェックボックスがあるので、チェックを入れて変更を保存するだけで設定は完了です。

賢威7で「All in one SEO Pack」を導入する場合は、必ず設定するようにしましょう。