ワードプレスに賢威7を利用している場合の、サイトマップの作成方法を解説したいと思います。

プラグインを使って簡単に作成出来るし、SEO的にも効果があるといわれているので、ぜひ作成してみてください。

「PS Auto Sitemap」の導入方法

このプラグインでは、サイト内の記事一覧が分かりやすくまとめられた、目次ページが作成出来ます。

また、SEO的にも効果があると言われています。

導入するには、プラグインの新規追加の画面で「PS Auto Sitemap」と入力します。

dhfuid

「PS Auto Sitemap」のプラグインが表示されたら、インストールして有効化します。

有効化したら、設定から「PS Auto Sitemap」を開きます。

psfsd

開いたら、画面の下部に表示されているコードをコピーします。

次は、固定ページの新規追加に進みます。

psjddah

タイトルには、「目次」や「サイトマップ」などと入力します。

投稿のモードは、必ずテキストモードにしておきます。

テキストモードにしたら、本文の部分に先ほどコピーしていたコードを貼り付けます。

貼り付けたら、一旦プレビューを押します。

pmaa

プレビュー画面に表示されているURLの、IDの数字を確認して覚えておきます。
(画面の赤枠で囲われている部分の数字)

プレビュー画面は別の画面で開いたままにしておくと、もし忘れてもすぐに確認する事が出来ます。

固定ページの編集画面に戻って、パーマリンクのURLを変更する場合は編集してください。

pkote

目次ページのURLなので、「sitemap」などがいいかと思います。

ここまで出来たら記事を公開してください。

今度はまた「PS Auto Sitemap」の設定画面に戻ります。

「サイトマップを表示する記事」の部分に、プレビュー画面のURLに表示されていたIDの数字を半角で入力します。

pdjds

入力したら、変更を保存して完了です。

目次ページを確認すると、記事の一覧がまとめられたページが完成しています。

「Google XML Sitemaps」の導入方法

このプラグインでは、検索エンジンロボット向けのサイトマップを自動で作成してくれます。

まず、プラグインの新規追加の画面で「Google XML Sitemaps」と入力します。

pgugusa

「Google XML Sitemaps」のプラグインが表示されたら、インストールして有効化します。

詳細な設定も出来ますが、とりあえずは有効化だけしておいて、デフォルトのままでも大丈夫です。