よっしーです。

アフィリエイトの記事作成おいて、記事の書き出しの部分もかなり重要なポイントです。

文章の始めで興味を持たれないと、ユーザーは離れていってしまいます。

そこで、記事の書き出しに使えるパターンをいくつか紹介したいと思います。

記事の書き出しのパターン

最初に結論を書く

最も重要な結論を始めに書くというパターンです。

その後に「なぜなら・・・」といった感じで、その結論にいたった理由を書きます。

そうすることで、スムーズに文章を構成出来ます。

常識から外れた事を書く

常識から外れたことを書くことで、「えっ、なんで?」と読み手を驚かせて興味を引き付けるパターンです。

しかし常識から外れた事を書く場合は、その内容に説得力がなければいけません。

ただ常識外れな事を書くのではなく必ずフォローが必要です。

表現を大げさに書く

表現を少し大げさに書くことで、記事に興味を持たれやすくなります。

その結果、その後の文章も読んでもらえる可能性が高くなります。

疑問文から書く

疑問文で問いかけられると、人は本能的に無視はしにくいものです。

メールなどでもそうだと思いますが、疑問文にはついつい答えようとするはずです。

短文で書く

記事の書き出しの部分が短文だと、読み手が入り込みやすくなります。

例えば夏目漱石の「吾輩は猫である」などがそうです。

吾輩は猫である。
名前はまだない。
どこで生まれたかもとんと見当がつかぬ。

といった感じで短文となっています。

セリフから書く

誰かのセリフなどから文章を書くパターンです。

文章の書き出しがセリフの場合にも、読み手がその文章に入り込みやすくなります。

そのいった事も、漫画を読む人が多い理由いえます。

呼びかけから書く

いきなり「こうするべきです」といった感じの命令文だと、読み手が引いてしまう可能性があります。

そんな時は、「こういうふうにしてみませんか?」といった呼びかけから書き始めた方が読み手が入り込みやすくなります。

感情を出して書く

感情が出ていると、読み手は興味を持ちます。

人が怒っていたり、悲しんでいたりすると、その理由を知りたくなりますよね。

記事の見どころを書く

テレビ番組や映画の宣伝のように、記事の見どころを紹介するパターンです。

そこで興味を持たれると、続きも読んでもらえます。