よっしーです。

ランサーズといえば日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

でもランサーズで本当に稼げるのかどうかも気になるところですが、率直にいうと稼げます。

なぜなら、ランサーズでは作業が承認されれば必ず報酬を貰えるからです。

しかしどのぐらい稼げるのか、私が実際に利用してみた感想などを書いていきたいと思います。

ランサーズでどのぐらい稼げるのか?

ランサーズでの作業はタスク形式のものや、プロジェクト形式のものがあります。

初心者が取り組みやすいのはタスクで、ライティングの仕事だと500文字で200~300円の報酬が貰えるものなどがあります。

もちろんそれ以上の報酬が設定されているものもありますが、そういったものは記事を書く内容が難しいものが多いです。

私も最初はタスクから始めましたが、作業が承認さえされれば報酬は必ず貰えます。

ですが本当に報酬額が低いものが多く、割に合わないものがほとんどだという印象です。

ライティングの仕事だと、時給にして300円ぐらいしか稼げません。

しかし内容が難しい仕事依頼をこなすスキルがあれば、それなりに時給は上がります。

ですがライティングの仕事だと稼げる金額は本当に少なく、とてもオススメ出来るものではありません。

それにせっかく作業をしても、作業が否認されれば報酬は一切貰えません。

私自身も1時間以上時間をかけて真面目に記事作成をしたのですが、クライアントに作業を否認されて報酬ももちろん貰えませんでした。

一生懸命時間をかけて丁寧に記事作成をしたのに作業が否認されてしまうと、その時間も全て無駄になってしまうし本当に腹が立つものです。

そういった事もあるのでランサーズではあまり大きく稼ごうとしないで、初心者が記事作成の練習にしばらく利用するぐらいにした方がいいです。

ランサーズの評価

ランサーズでは様々な仕事があり、自分が取り組みたいと思う仕事を選んで作業が出来ます。

しかし報酬単価がかなり低い仕事依頼が多く、あきらかに割に合わないものが多いです。

ライティング関係の仕事依頼だと、特にその傾向が強いです。

見ていると、500文字以上の記事作成で報酬がたったの70円というものもありました。

そういったものでさえ作業をする人がいるので、報酬がどんどん低くなっていくというのもあるでしょう。

500文字で70円は本当にありえないぐらい報酬が低いので、そういった仕事依頼は完全に無視するようにした方がいいです。

記事作成の場合は、最低でも1文字0.5円以上の報酬単価がないとやる価値はないでしょう。

なので目安としては、500文字以上の記事作成で最低でも250円以上の報酬です。

あとランサーズでは報酬から手数料が2割引かれるので、報酬が1000円の案件でも実際に受け取れる金額は800円になります。

ランサーズは確実に稼げはしますが、そういった事もあるので本当に大きく稼ぎにくいです。

なのでランサーズをずっと利用して稼ごうとするのは、私は絶対にオススメしません。