よっしーです。

今回は、渡辺綾人さんのLOTO6GOは本当に当たるのかについて書いていきたいと思います。

LOTO6GOは、ロト6の当選番号を3等を狙って予想するというものです。

販売ページには実績として、2016年の当選金額なども掲載されています。

また、LOTO6GOの先行モニターによる口コミも掲載されていて、それらの口コミによると評判はかなり良いものばかりとなっています。

LOTO6GO

特定商取引法に基づく表記

販売者名 渡辺綾人

所在地 千葉県松戸市二十世紀が丘丸山町35源七第三コーポラス501号

メールアドレス info@loto-go.com

価格 1000円

LOTO6GOは本当に当たるのか?

LOTO6GOはロト6の当選番号を予想するものですが、そもそもロト6の当選番号は予想出来るようなものではありません。

ロト6の当選番号の抽選には、電動攪拌式遠心力型抽せん機(夢ロトくん)という機械が使われています。

機械で完全にランダムで数字が選ばれるので、到底予想出来るようなものではないのです。

私の知人にも、絶対にロト6を当ててやると言ってロト6を大量に買っている人がいました。

それは生活にも支障が出る程でしたが、当たったのは数千円ほどでした。

ロト6などの宝くじの当選確率からしても、高額当選するのは奇跡と言っても過言ではないような確率です。

宝くじはギャンブルのようなものなので、買う時は無理のない程度に買ってそれで当たったらラッキーぐらいに思っていた方がいいと私は思っています。

LOTO6GOのようなものを使って本当に当選番号が分かるなら、宝くじの当選者がかなり増えることにもなります。

ロト6のようなキャリーオーバー式の宝くじでは当選者が増えれば、それだけ1人当たりの当選金額も少なくなってしまいます。

LOTO6GOで予想した数字が本当に当たるのなら、わざわざ販売しなくても開発した人が1人で使い続けた方が絶対に稼げます。

それをわざわざ、1000円という手ごろな価格でたくさんの人に販売しようとする意味が分かりません。

ロト6では自分で数字を選択出来るからといって、決して当選番号を予想出来るような仕組みにはなっていません。

LOTO6GOでは1等や2等に比べれば当選確率が高い3等を狙うということですが、当選番号が予想出来ないことに変わりはありません。

なのでLOTO6GOを使ったところで、ロト6の当選確率が上がるということは絶対にありえないでしょう。

LOTO6GOの実績について

LOTO6GOの販売ページに掲載されている実績は以下の通りです。

LOTO6GOの2016年度の実績では、当選金額は1億460万6700円と記載されています。

これが本当だったら凄いとは思いますが、当選したロト6のくじの画像が信用出来るものなのかどうかが分かりません。

それに画像では当選したロト6のくじは掲載されていますが、当選番号は掲載されていません。

なので、掲載されているくじが本当に当たっているのかどうかも分かりません。

掲載されているくじの番号が本当に当選していたとしても、偽物などということも考えられます。

ロト6はそもそも当選番号を予想出来るようなものではないので、LOTO6GOの今までの実績が掲載されていたとしても簡単に信用してしまうのは危険です。

LOTO6GOの口コミについて

LOTO6GOの販売ページに掲載されている口コミによると、LOTO6GOのおかげでかなり得をしているというものばかりです。

先行モニターの口コミによる当選金額も、少ないものでも80万円ほどで多いものでは585万円となっています。

ですが販売ページに掲載されている口コミは本当なのかどうかが分からないし、自作自演ということも十分に考えられます。

このことはネット上に他の口コミがあったとしても同様で、それが本当なのかどうか確認が出来ません。

なのでLOTO6GOの口コミがかなり良かったとしても、そういったものはあまり信用しないようにした方がいいです。

LOTO6GOの総合評価

LOTO6GOは販売価格が1000円とかなり手頃なので、それで当たればラッキーだと思って購入する人もいそうです。

それで本当にロト6に高額当選出来るなら、確かにかなりお得な投資にはなります。

それにもし当たらなかったとしても、1000円ぐらいならならそれほど惜しくないかもしれません。

ですがLOTO6GOのようなものを使っても、ロト6の当選番号は決して予想出来るものではありません。

なので、LOTO6GOのようなものに手を出すのは危険です。

1000円という金額かもしれませんが、こんなもののために無駄にしてしまうのはバカバカしいです。