よっしーです。

今回はペラサイトでも検索結果で上位表示させることは出来るのか。

また、ペラサイトでも稼ぐことは出来るのかどうかについて書いていきたいと思います。

ペラサイトの意味が分からない方もいるかと思うので一応説明すると、ペラサイトとはページ数が1ページしかなかったりして、記事数が少なくペラペラのサイトのことを言います。

しかし記事の内容まで薄っぺらいという訳ではなく、ランディングページのような濃い内容の記事を書くことがペラサイトで稼ぐための基本です。

ペラサイトでも上位表示は出来るのか?

ペラサイトだと記事数が少ないので、どうしても内部SEO的には弱くなります。

なので、ペラサイトで上位表示を狙うならキーワード選定がかなり重要になってきます。

ライバルが弱いキーワードを狙うなどすれば、ペラサイトでも上位表示させることは十分に可能です。

しかしライバルがあまりにも強いキーワードだと、やはりペラサイトで上位表示させることは難しくなります。

それとライバルが弱いキーワードを狙っている場合でも、上位表示させるためにはある程度の外的SEO対策を施すことは必要になってきます。

ペラサイトで稼ぐことは出来るのか?

ペラサイトではライバルが弱いキーワードを狙うのが基本なので、検索需要も少ない場合が多いです。

しかし購入意欲が高い人が検索するキーワードを狙えば、少ないアクセスでも稼ぐことは出来ます。

ペラサイトのイメージとしては、ランディングページのような成約率の高い記事を作成して稼ぐといった感じです。

例えば悩み系のキーワードだと、その悩みを解決する方法を教えてあげれば商品を購入してくれる可能性は高いです

なのでキーワード選定をしっかりして上位表示させることが出来れば、ペラサイトでも稼ぐことは十分可能です。

しかしペラサイトの場合、1サイト辺りの収入は低くなりがちです。

それでも成果報酬型広告だと報酬も高いので、月に数万円程度なら十分に狙えます。

それにペラサイトの場合は作るのに労力があまりかからないので、量産をして稼ぐのにも向いています。

ペラサイトを上位表示させて稼ぐためのSEO対策について

ペラサイトを上位表示させるために必要なSEO対策は、サテライト用の無料ブログなどから検索順位を上げたいペラサイトに対して被リンクを送ることです。

被リンクを送る時はあくまでも不自然にならないようにしないと、Googleからペナルティーをくらう可能性があるので気を付けなければいけません。

不自然にならないようにするためには、被リンクを送る際のアンカーテキストを狙っているキーワードだけではなく、サイト名やURLやこちらにするなどして分散させる必要があります。

また、被リンクを送るのに無料ブログを利用する場合は、同じ無料ブログサービスのみから被リンクが送られていると不自然になってしまいます。

なので、無料ブログサービスも何種類かを使って被リンクを送るようにした方がいいです。

それと、被リンクを送る際は1つのブログから複数のサイトに被リンクは送らずに、基本的には1つのブログから1つのペラサイトに対して1回だけ被リンクを送るようにします。

サテライト用のブログの記事数としては、最低でも5記事以上は記事を書いてから被リンクを送るようにしましょう。

記事の内容は日記でも構いませんが、被リンクを送る記事に関しては出来るだけ上位表示を狙っているキーワードに関連した記事の方がSEO効果は高くなります。

しかしサテライト用に作った無料ブログはかなり削除されやすい傾向にあるので、出来るだけサテライト用のものだと分かりにくくした方がいいです。

でもサテライト用のブログの作成にあまり時間をかけても仕方がないので、サテライト用のブログに力を入れ過ぎないようにしましょう。

また、短期間であまりにも大量に被リンクを送っても不自然になってしまうので、被リンクを送る目安としては多くても1ヶ月に10個ぐらいまでにしておくといいでしょう。

自作自演でSEO対策をする場合はあくまでも不自然にならないようにしないと、上位表示させるどころかGoogleからペナルティーをくらって圏外に飛ばされてしまいます。

しかし不自然にならないように気を付けながらSEO対策を施すことによって、ペラサイトでも上位表示させることは出来ます。

しかしペラサイトで上位表示を狙う場合は、やはりライバルが弱いキーワードを狙うようにしないとなかなか厳しいです。