よっしーです。

PS Auto Sitemapは、サイトマップページを作成するのに非常に便利なプラグインです。

今回はこのPS Auto Sitemapの、使い方や設定について詳しく解説していきたいと思います。

PS Auto Sitemapの使い方

まずプラグインの新規追加から、PS Auto Sitemapを検索してインストールして有効化します。

PS Auto Sitemapを利用するには、固定ページにサイトマップ用の記事を投稿する必要があります。

まずは管理画面の設定から、PS Auto Sitemapの設定画面を開きましょう。

すると画面の下の方にタグが表示されているので、タグをコピーします。

次は固定ページの新規追加から、サイトマップページを作成して投稿していきます。

固定ページの記事入力部分に、先ほどコピーしておいたタグを貼り付けましょう。

タグを貼り付ける時は、必ずテキストモードになっていることを確認してから貼り付けるようにしてください。

タグを貼り付けたら一旦プレビューをクリックして、プレビュー画面を開きます。

するとURLの部分に、以下のように表示されている箇所があります。

表示されるURLの例

/sitemap/?preview_id=8&preview_nonce=

この数字の部分を後から使うので、数字を覚えるなどしておいてください。

上記の例の場合、「8」になっている部分の数字です。

プレビュー画面で数字を確認した後は固定ページの編集画面に戻って、タイトルやパーマリンクのURLを入力していきます。

タイトルは、「サイトマップ」「目次」などにしておくといいかと思います。

パーマリンクのURLは、「sitemap」にするのがお勧めです。

ここまで入力したら、更新をクリックして記事を投稿しましょう。

記事を投稿した後は、またPS Auto Sitemapの設定画面に戻ります。

すると「サイトマップを表示する記事」という項目があるので、そこに先ほどプレビュー画面で確認した数字を入力します。

数字を入力したら、一旦変更を保存しましょう。

PS Auto Sitemapの使い方に関しては、以上の作業で完了です。

PS Auto Sitemapの設定方法

次はPS Auto Sitemapの、細かい設定方法について解説していきます。

・ホームページの出力

ホームページの出力というのは、サイトマップページにサイトタイトルのテキストリンクを表示させるかどうかの設定です。

このホームページの出力に関しては必ずしも表示させる必要はないので、好みで選ぶようにしてください。

・投稿リストの出力

投稿リストの出力ですが、こちらは投稿された記事を表示させるかどうかの設定なので必須と言っても過言ではありません。

なので何か特別な理由がない限り、投稿リストの出力は必ず出力するにチェックを入れておきましょう。

・固定ページリストの出力

固定ページリストの出力は、文字通り固定ページの記事をサイトマップページに表示させるかどうかの設定です。

こちらはサイトマップページに固定ページの記事を表示させたい場合は、出力するにチェックを入れるようにしてください。

・出力階層制限

出力階層制限というのは、カテゴリーの階層が深い場合に使用します。

指定された階層より下の記事のリンクは表示されなくなるので、必要に応じて階層を指定するようにしてください。

・先に出力するリスト

先に出力するリストは、先に投稿の記事を表示させるか、固定ページを表示させるかの設定です。

・カテゴリーと投稿の表示

カテゴリーと投稿の表示は、同一マップ内だとカテゴリーや投稿が1つのページに全てまとめて表示されます。

投稿を分割だとサイトマップページにはカテゴリーのみが表示されて、投稿記事の一覧は別のページへのリンクが貼られます。

通常は同一マップ内でいいと思いますが、投稿された記事が多い場合などは必要に応じて使い分けましょう。

・除外カテゴリ

除外カテゴリでは、サイトマップページに表示させたくないカテゴリーを指定出来ます。

除外カテゴリを設定するには、カテゴリーのIDを入力します。

カテゴリーIDの確認方法は、ワードプレスの管理画面から投稿→カテゴリーに進みます。

そしてカテゴリー名をクリックすると、URLに以下のように記載されている部分があります。

カテゴリーURLのID表示例

ID=2&post_type=

上記の例では「2」になっている、数字の部分がカテゴリーIDです。

・除外記事

除外記事では、サイトマップページに表示させたくない記事を指定することが出来ます。

除外記事を設定するには、記事のIDを入力します。

記事のIDを確認するには、ワードプレスの管理画面から「投稿一覧」または「固定ページ一覧」を開きます。

そして記事の名前をクリックすると、URLの部分に下記のように表示されている部分があります。

記事URLのID表示例

post=889&action=

上記の例では889と表示されている数字の部分が、記事のIDです。

・スタイルの変更

スタイルの変更では、サイトマップページのデザインを変更することが出来ます。

スタイルはスタイルなしを含めると14種類あるので、好みのものを選んで利用するようにしてください。

・キャッシュの使用

キャッシュを使用することで、ページの表示速度が速くなるという効果があります。

ですが既にキャッシュ系のプラグインを利用している場合は、そのプラグインと競合して不具合が発生する可能性があります。

なのでそういった場合は、キャッシュを使用するのチェックを外しておきましょう。

全ての設定が出来たら、「変更を保存」をクリックしましょう。

以上でPS Auto Sitemapの設定は全て完了です。