よっしーです。

独自ドメインでサイトを作成する場合は、レンタルサーバーが必ず必要になります。

レンタルサーバーはいくつかありますが、私のお勧めはエックスサーバーです。

当ブログでも、レンタルサーバーはエックスサーバーを利用しています。

なのでこの記事では、エックスサーバーを借りる方法について解説したいと思います。

エックスサーバーを借りる方法について!

まず、エックスサーバーの公式サイトを開きます。

エックスサーバー公式サイト
http://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバーには10日間の無料お試しがあるので、始めはそちらを利用してみるといいでしょう。

お申し込みフォームに進むと、お客様情報の入力画面になります。

プランには「X10」「X20」「X30」がありますが、最初は「X10」を利用するのがお勧めです。

「X10」のプランでも充分な容量があるので、容量不足で困ることもないでしょう。

それに後からプランの変更や追加をする事も出来るので、最初は「X10」で充分です。

「X10」のプランだと月額料金も1000円ほどで一番安いし、コストパフォーマンスもいいです。

初めはその月額料金にサーバー設置の初期費用として、3000円ほどがかかります。

当然ですが、10日間の無料お試し期間だけで解約すれば料金は一切かかりません。

その他の必要事項も全て記入して、規約を確認したらお申し込み内容の確認画面に進みましょう。

IDやパスワードはインフォパネルにログインするのに必要なので、忘れないようにメモ帳などに保存しておきましょう。

エックスサーバーの規約で、アダルトサイトの運営は出来ないのでその点には注意してください。

確認画面を見て入力内容に間違いがないようなら、お申し込みを完了してください。

以上でレンタルサーバーを借りる事が出来ました。

後はインフォパネルにログインしてから、サーバーパネルにログインする事でサーバーを利用する事が出来ます。

sabapaneru

エックスサーバーの支払い方法について!

まず、エックスサーバーのサイトからインフォパネルにログインします。

すると左側のメニューバーに「料金のお支払い」という項目があるのでクリックします。

料金の支払い方法ですが、クレジットカードで自動引き落しにする事も出来ます。

今回は手動での支払い方法について解説したいと思います。

sabasi

サーバー契約一覧から、支払いを行うものを契約のチェックボックスにチェックを入れます。

更新期間は、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24か月、36ヶ月があります。

長期間の料金をまとめて支払うほど月額料金は安くなりますが、そこまで金額に差はないのであまり気にする必要はないかと思います。

次はお支払方法の選択です。

支払方法には、銀行振込、クレジットカード、コンビニエンスストア、ペイジーがありますが、私のお勧めはクレジットカードです。

クレジットカードだと支払いが即座に反映されるし、番号などを入力するだけなのでとても簡単です。

支払いの金額なども画面に表示されるので確認して、よければ手続きを完了させれば契約を更新出来ます。