よっしーです。

Googleのウェブマスターツールですが、サイトマップを見てみるとなんと警告が表示されていました。

警告の理由を確認してみると、「URLにアクセスできません」とのことでした。

私の場合、記事を投稿した後にURLを変更したことが警告が表示された原因でした。

この記事では、そういった原因でサイトマップに警告が表示されてしまった場合の対処法を紹介します。

Google XML Sitemapsを再構築する

サイトマップの警告表示は、プラグインの「Google XML Sitemaps」を利用している場合に起こるトラブルです。

初めはどうしたらいいのか分からなくて戸惑うかもしれませんが、警告表示は簡単に消すことが出来ます。

まずワードプレスの管理画面にログインして、設定から「XML-Sitemap」を開きます。

サイトマップを再構築するには、英語表記だとちょっと分かりにくいですが「your main sitemap and all sub-sitemaps」をクリックします。

再構築をクリックした後は、またウェブマスターツールのサイトマップの警告が表示されている画面に戻ります。

サイトマップページの、「/sitemap.xml」をクリックします。

すると再送信のボタンがあるので、クリックしてサイトマップの再送信を行います。

サイトマップの再送信をした後は、ページを更新するかキーボードのF5をクリックしてページを最新の状態に更新します。

以上で、ウェブマスターツールのサイトマップに表示されている警告表示を消す作業は完了です。

ところが、私の場合はこの作業をしても警告表示がすぐには消えませんでした。

本当は以上の作業で警告表示は消えないといけないのに、消えなかったのでちょっと意味が分かりませんでした。

ですがウェブマスターツールのサイトマップページを何回か更新していると、時間差で警告表示が消えました。

すぐに消えてくれればいいものを、時間差で警告表示が消えたのでちょっと戸惑ってしまいました(^^;