よっしーです。

過去に書いたワードプレスの記事URLを、後から変更したくなる事もあるかと思います。

しかし後からURLを変えてしまうと、検索結果に表示されている記事タイトルをクリックしてもエラーになって、ページが表示されなくなったりします。

せっかく検索結果に表示されても、アクセス出来ないなら意味がありませんよね。

それに検索エンジンにページがなくなたっと判断されて、放っておくと検索順位も下がってしまいます。

なので、記事のURLを変更したら新しいURLに転送する必要があります。

その方法ですが、「Redirection」というプラグインを使って簡単に設定出来るので紹介したいと思います。

「Redirection」を使って記事URLを転送する方法!

まず、プラグインの新規追加から「Redirection」を検索します。

puraguridi

すると「Redirection」のプラグインが表示されるので、インストールして有効化します。

有効化するとツールの中に「Redirection」が追加されるので、クリックします。

puraturu

すると「新しい転送ルールを追加」というのが表示されます。

puraten

ソースURLの部分には、変更前のURLを入力します。

ターゲットURLの部分には、変更後の新しいURLを入力します。

一致条件は、「URLのみ」から変更しなくても大丈夫です。

操作も、「URLへ転送」から基本的に変更しなくていいでしょう。

正規表現のチェックボックスには、チェックを入れないでおきましょう。

グループの部分も、そのまま変更しなくても問題ないです。

なので、入力するのはソースURLとターゲットURLだけでいいですね。

後は「新しい転送ルールを追加」をクリックすれば、転送の設定は完了です。

「Redirection」の正規表現とは?

「Redirection」プラグインの正規表現って何なのか、ちょっと分かりにくいですよね。

そんな私は始め意味がよく分からなかったので、気になって調べてみました。

すると正規表現というのは、ソースURLを完全一致にするかどうかの設定だったのです。

正規表現のチェックボックスにチェックを入れた場合、ソースURLの後ろに(/abc)など他の文字列が付いているURLも全てターゲットURLに転送されます。

正規表現のチェックボックスにチェックを入れない場合は、URLが完全に一致しているものだけを転送します。

どちらに設定するかは状況次第ですが、基本的には正規表現にはチェックを入れないで利用する事の方が多そうです。